Webカメラは自分の顔をきれいに写すことができるので、音声だけではわからない、相手の表情がわかり意思疎通がスピーディーに行うことができます。

テレワークには1つ持っておくと、いざという時に便利です。

Webカメラの選び方とおすすめWebカメラを紹介します。

Webカメラの選び方

レンズ

「画角」はカメラが映す範囲のことで、Webカメラのレンズの種類によって異なります。一般的なWebカメラの画角は75°程度ですが、機種によっては広範囲の150°まで映せるレンズを搭載。狭い部屋でも広々と撮影できるので、ビデオ会議やパノラマ風景配信などにおすすめです。

画質

一般的なWebカメラの解像度は、720pや1080pです。解像度は、数値が高いほど細部まで綺麗に映せます。そのため、画質をより鮮明に映したいときは、1080pのモデルを選びましょう。また、カクつきの少ない滑らかな動画を映したいときは、「フレームレート」も重要です。フレームレートは?fps"という単位で表され、解像度と同じく、数値が高いほど1秒間のコマ数が増え滑らかな映像を写せます。ブレの少ない動きを撮影したい方は、フレームレートにも注目しましょう。

性能

テレビ電話や会議では、クリアな映像と安定した音声が重要です。クリアな音声で動画配信をしたい方には、「ノイズキャンセリング機能」付きのマイクを搭載したWebカメラがおすすめです。

おすすめWebカメラ

Logicool(ロジクール)

音声のノイズリダクション機能が付いた、コンパクトなWebカメラです。
解像度がHD 720pで、滑らかな映像によるテレビ電話やビデオ会議が可能です。ユニバーサルクリップで、ノートパソコンやPCモニターなど、自由に設置ができます。

USBポートに差し込むだけで使えるプラグアンドプレイモデルのため、ドライバーのダウンロードなどの作業がなく、設定が簡単です。

自動光調整機能がついているので、暗い環境でテレビ電話または録画を行っている場合でも、照明条件に合わせて、より明るくコントラストの高い画像を実現できます。

パパ2

ノートPC+外部ディスプレイを利用されている人も多いと思います。ただ、ノートPC内蔵のカメラですと、自身の顔を写すとなるとノートPCのディスプレイの角度を上げる必要があり不便なケースが多いです。その場合に、このWebカメラを外部ディスプレイの上部の乗せるとうまく使えます。マイク性能も一人であれば十分です。私の場合には、マイクをWebカメラ、スピーカーをノートPC内蔵で利用しています。価格も安くいですが、上記用途であれば必要十分です。

参考価格:15,000円


自分の顔を映しながら会議する場合にはWebカメラがおすすめです。PCにもカメラが付いていることがありますが、Webカメラを使った方が、画質がよく、広角で写すことができます。

解像度がHD 1080p/30fpsで、滑らかな映像によるテレビ電話やビデオ会議が可能です。ユニバーサルクリップで、ノートパソコンやPCモニターなど、自由に設置ができます。

360度回転するため、1対1でも1対複数の会議でも、カメラをさまざまな⾓度に簡単に調節できます。また⾃分を⾒せたくない場合には、カメラを⾃分と反対の⽅向に回転させることができます。

パパ

テレビ会議用に購入しました。簡単に接続できました。全般的に性能は甘いように感じています。ディスプレイの上に付けましたが、設置も簡単でした。盗撮が嫌なので使わない時はUSBを抜いていますので、カバーがあれば良かったと思います。スイッチ付きのUSB接続にしようかと考えています。

ママ

価格帯がかなりリーズナブルなうえ、機能も割と詰め込んだ製品だったので画質にはあまり期待していませんでした。ですが5000円前後の価格に見合わず、割とクリアな画質と発色を提供してくれます。

参考価格:35,000円

エレコム

「500万画素の超高精細映像」を楽しめる、高精細ガラスレンズを搭載したWebカメラです。
動画配信に最適なワイドスクリーンFull HDによって、「ビデオ通話ソフト」や「YouTube Live」などに対応。

パソコンのディスプレイや、平面にも設置できるマルチスタンドを採用しているので、好きな角度での撮影が可能です。本体にマイクを内蔵しているので、複数人での会話にも適しています。

ママ2

カメラ自体が軽すぎるので床置きなどする時はちょっと困るが画質など大満足。コスパ良い商品だと思う。

参考価格:30,000円


上下に角度調節ができるほか、200万画素による高画質な映像が楽しめるWebカメラ。
パソコンに接続すればすぐに使用できる、簡単接続も魅力的です。動画や写真をきれいに撮れる高精細ガラスレンズを搭載しています。

鮮明な800万画素の静止画も撮影できます。本体にマイクを搭載しているので、ビデオ会議などにも最適です。パソコンにも平面にも設置できるマルチスタンドを採用しているので、都合に合わせた設置ができます。

パパ2

PCのUSBに差し込んで、すぐに使えました。Skype用です。私のPCの画素数は100万弱と比べると、画像はそんなに変わらないようですが、こちらの方が明るいです。PCはいつもモニターを使っているので、Skypeをする時に、後ろ側に置いたPCを引っ張り出し、モニターの配線をはずして使っているので、とても不便でしたが、これを購入して移動せずにすぐにSkypeが出来るようになり、とても便利になりました。
それと、上にちょこんと置いているだけですが、結構安定していて、PCを動かしたりしなければ問題ないです。移したい被写体が他にある時は、持ち上げてすぐに見せられるし満足です。

参考価格:25,000円

サンワサプライ

500万画素の高解像度で楽しめる、高精細ガラスレンズを搭載したWebカメラです。

少し離れた場所でも使える3mのロングケーブルを採用しています。カメラの取り回しが便利です。

据置きとディスプレイ上に2タイプで設置が可能です。

USBポートに差し込むだけで使えるため、余計な設定が不要です。

パパ

レンズの外周に切り目が2箇所あり、そこに定規などを引っかけて回転させることでピント合わせが出来ます。
また、内蔵マイクで拾う音量が酷く小さいです。調整可能なのでそこまで問題ないです。
画質自体はそこそこ良いようですし、この2点にさえ気を付ければ普通に使えると思います。

参考価格:8,000円


HD画質での撮影が可能なWebカメラです。

特徴は、超広角150度レンズを使用しているので、幅広い範囲の撮影が可能です。

少し離れた場所でも使える3mのロングケーブルを採用しています。カメラの取り回しが便利です。

USBポートに差し込むだけで使えるため、余計な設定が不要です。

パパ2

6~8人が参加するSkype会議で使用しています。150°広角は全員の顔を捉えることが可能で、誰が参加しているのか識別可能な解像度があります。
性能的には満足しています。

参考価格:12,000円

まとめ

Webカメラは高価な商品が多いですが、おすすめするメーカーは3つです。「ロジクール」「エレコム」「サンワサプライ」。

  1. Logicool(ロジクール)
  2. エレコム
  3. サンワサプライ

個人利用する場合は、ロジクールがおすすめです。複数人で利用する場合は、広角レンズを採用している、「サンワサプライのCMS-V43BK-3」がおすすめです。

テレワークをより快適にする便利グッズはこちらから