テレワークが導入され、より重要となるPC操作。

タイピングが少しでも早くなりたいと思う方、少しでも操作しやすいキーボードを使い方におすすめです。

キーボードは、パソコンにとっては必要不可欠な機器で、近年では、ゲーム機、スマートフォン、タブレットに対応したキーボードも登場しています。

ひと言でキーボードといっても、材質、形状、構造、配列、さらには打つ音まで様々です。特に、打ち心地の良し悪しについては個人差が大きいので、実際に数多くの製品に触れてみるのがよいでしょう。

キーボードの選び方

キーボードは使うシーンをよく考え、商品を選ぶ必要があります。

例えば、キーボードをよく持ち運ぶ場合は、薄くて軽いキーボードを選ぶ必要があります。また、備え付けのキーボードとして購入したい場合は、キーボードの押し心地を重視するなど選び方は多岐にわたります。

有線と無線(ワイヤレス)の違い、特徴をまとめてみましたので参考にしてみてください。

有線・無線(ワイヤレス)

有線タイプは、パソコンとケーブルで接続して使います。パソコンから離れて使うことはできませんが、パソコンとの接続や初期設定が簡単で、電池が不要という利点があります。接続端子としては、USBが主流となっています。ワイヤレス(無線)タイプより価格が安いのも特徴です。

ワイヤレス(無線)タイプは、ケーブルなしでパソコンとキーボードを接続できます。パソコン本体に専用のレシーバー(受信機)を取り付けて通信するUSBレシーバー式、レシーバー不要で通信できてモバイル対応も多いBluetooth式の2種類があります。ケーブルがないため使い勝手は抜群ですが、電池が必要がデメリットです。

ワイヤレス(無線)タイプのメリットは3つあります。「マルチペアリング」「デバイス切り替え機能」「モバイル対応」などがあります。それではそれぞれ見ていきましょう!

マルチペアリング

マルチペアリングとは、複数のBluetooth機器とのペアリング設定を記憶できる機能のことです。

最大ペアリング数は製品ごとに異なります。ただし、同時に複数のBluetooth機器と接続できるわけではなく、あくまでもBluetooth通信は1対1で行います。

デバイス切り替え機能

デバイス切り替え機能とは、Bluetooth接続先の“親機”をボタンひとつで切り替えられる機能のことです。

例えば、パソコンとつなげて作業をしつつ、スマホにメールが届いたら接続先をスマホに切り替えて返信する、といった使い方ができるのでおすすめです。

モバイル対応

Bluetooth接続であれば、モバイル対応の場合があります。USBレシーバー式の無線や有線接続だとモバイルに接続することができません。そのため、モバイルでも利用を想定している場合は、Bluetooth接続可能なキーボードを選ぶことをおすすめします。

モバイル対応の商品を選ぶ時には、薄くて軽い、キーボードを選ぶことで、モバイル端末の持ち運びと同時にできるので便利です。

キーボードおすすめ8選

メーカー別におすすめの商品をチョイスしてみました。今回ご紹介するメーカーは、「ロジクール」「エレコム」「iClever」の3つです。

ロジクール

PC周辺機器といえば、ロジクールが有名ですよね。ロジクールのキーボードは、コスパがよくおすすめです。

<有線タイプ>

薄型デザインのため、手首への負担が少ない自然な姿勢でタイピングが可能です。また、ほとんど音がたたない薄型キーのため、静かなタイピングで使いやすいです。

耐水設計のため、多少の液体なら大丈夫です。万が一、キーボードにこぼしてしまった場合でも、心配ありません。

パパ2

今までノートパソコンを使っており、キーの打ちづらさを感じていました。
初めてこの外付けキーボードを購入して使ってみたところ、かなり打ちやすくなり作業効率も格段に上がりました。早く買えばよかった。
この値段ですし、手の大きい男性や今までノートパソコンのキーボードの打ちづらさに悩んでいる人は試す価値はあります。

参考価格:1,300円

●商品サイズ:14.9 × 2 cm


<無線(ワイヤレス)タイプ>

コンパクトなサイズのワイヤレスキーボード。接続は、USBポートにUSBを挿し込むだけの簡単接続のため、面倒なソフトウェアのインストールは不要です。

ロジクール独自のこのワイヤレス通信は、通信量の多いワイヤレス環境でも、10メートル離れたところからでも通信が遅延したり途切れることがありません。

24ケ月の電池寿命とオートスリープ機能に対応しているため、長期間電池交換をせずにキーボードが利用できる省エネキーボードです。

パパ1

テレワークの為注文。注文した当日に届き非常に助かりました。本当にありがとうございます。使用感ですが、ワイヤレスですが遅延や途切れは感じられず、自宅の小さな机にピッタリな小ささ。いつも使用している普通サイズのキーボードと配置が違うので慣れが必要ですが、細目の指なので、押しづらさは無いです。全体的に満足しています。

参考価格:2,100円

●商品サイズ:11.2 × 1.8 cm


<スリムタイプ(モバイル対応)>

小型・軽量なBluetoothキーボード 。Bluetooth対応デバイス最大3台まで同時接続可能です。また、Easy-Switchボタンをタッチする事で接続先デバイスを簡単切り替えもできます。家中どこでも、お好きなデバイスでタイピングが可能です。

省エネ設計で、電池寿命は最大2年間です。

ママ2

左上のスイッチ一つで接続先を選べるし、打鍵感もちょうど良い感じです。丸形ボタンなのでどうかと思いましたが、指先で一つ一つのボタンを認識できるので、逆にミスタイプは減るように思います。
iPad, 小型パソコンと使い分けて活躍中です。

参考価格:5,500円

●商品サイズ:12.4 × 1.6 cm

エレコム

<有線タイプ>

エレコムはロジクールに比べ、比較的安いのでおすすめです。機能的には有線タイプであれば、ほぼ同じです。

多少の耐水性もありますので、お好きなメーカーを選ぶといいでしょう。

パパ5

意外と高さがあり、ゴツい見た目ですが、打ってみると打ちやすい。高さがありますが、この高さが調度手の高さにベストマッチです。テンキーと文字キー。カーソルキーの間に平らな部分がありますので、手休めにもなります。

参考価格:1,000円

●商品サイズ:43.5 × 2.4 cm


<無線(ワイヤレス)タイプ>

ロジクールに比べ、少し大き目ですが、手が大きい方やしっかりとした押し心地を好む方におすすめです。

18ケ月の電池寿命なので、ロジクールに比べ、若干劣りますが、問題ないと思います。

パパ6

ワイヤレスキーボードは高いイメージがありましたが、安く手に入りました。値段は安いですが、しっかりとしたワイヤレスキーボードです。
有線のキーボードを使用しておりましたが、このキーボードとの違いはまったく感じられないため、おすすめです。

参考価格:1,700円

●商品サイズ:45.2 × 4.1 cm

iClever

キーボードを持ち運びたい方にこちらの商品がおすすめです。

<折りたたみ式キーボード>

キーボードを安定感を向上して、快適なタイピングができます。キーが独立していて複数キーの同時押しを防ぐアイソレーション設計を採用しているので、爪の長い女性にも優しいデザインです。

また、BluetoothやUSBケーブルを通じて、スマホやタブレット、パソコンなどデバイスを簡単に接続可能です。BluetoothとUSBケーブル同時に接続時、自由自在に動作モードを切り替えができるのも特徴ですね。

パパ2

前パソコンにはBluetooth機能のついてたキーボードだったのですが、それでも少し大きいのでWin10搭載の
タブレットパソコンを購入した際に同じ機能のキーボードを購入するなら、さらに小さいのを探したところ
折り畳みに着きました。これだけでの理由ではなく、前パソコンWin7にUSBケーブルに繋いでも使えれると
いったまさに一石二鳥の優れものです。本当に良い買い物ができて大変満足してます。

参考価格:5,600円


<タッチパッド付>

このキーボードは従来の折りたたみキーボードと比べ、バランススタンドとタッチパッドがついているので、外出先でもキーボードとマウスを一つにストレスフリーな文字入力できます。

また、3つBluetoothチャンネルは同時に3つのデバイスを接続可能で、Windows、Android、iOS 、Mac、各OSに対応しているのもおすすめのポイントですね。

パパ1

予想よりもコンパクトサイズで持ち運びに便利です。
自分は外出先でこのキーボードを使ってますが、コンパクトなので移動の際も邪魔にならずとても貴重なキーボードです。タイピングに慣れるには少し時間が必要かと思いますが、割とすんなり馴染めてきました。良い商品を購入できました。

参考価格:5,600円

まとめ

今回はキーボードについてご紹介しました。いかがだったでしょうか。お気に入りのキーボードが見つかりましたでしょうか。

  1. ロジクール
  2. エレコム
  3. iClever

日常使いのキーボードをお探しの方は、「ロジクール」「エレコム」がおすすめです。安さを求めたい方は有線タイプがおすすめです。

キーボードを持ち運びしたいという方は、iCleverの折りたたみ式のキーボードがおすすめです。タッチパットも付属しているものもあるので場所を取らずに使用できるのが特徴的ですね。

テレワーク関連グッズに興味がある方はこちらから