将来の子どもの教育費がどれぐらいかかるのか考えたことはありますか。

子どもが生まれた時には、バタバタしていてあまり気にしたことがない方も入らっしゃるかと思いますが、実は想像以上にお金がかかります。

私立や国公立などで大きく金額が違いますが、子どもが行きたい高校や大学には行かせてあげたいですよね、、、経済的な理由で子どもの選択肢を奪いたくないですよね、、、、

どれくらいの金額がかかるのかが分かれば、事前に準備もできますし、貯金や投資など早めの段階から用意しておくのもいいかもしれません。

教育費は合計いくらかかる?

大学まですべて公立で約1,000万円、私立を利用すると約2,000万円程度かかります。

文部科学省が出している「子供の学習費調査」(2018年度)を参考に実際にどのときにお金がかかるのか見ていきましょう!

幼稚園:公立22.4万円、私立52.8万円
小学校:公立32.1万円、私立159.9万円
中学校:公立48.8万円、私立140.6万円
高等学校(全日制):公立45.7万円、私立97.0万円

公立と私立の支出状況を比較すると、私立は公立の支出に対し、幼稚園で約2.4倍、小学校で約5.0倍、中学校で約2.9倍、高等学校(全日制)では約2.1倍。

幼稚園3歳から高校3年生までの15年間にかかる教育費の総額は、すべて公立に通った場合で約540万円。最も支出額が多くなる、すべて私立に通った場合だと約1830万円。その差は約3.4倍にもなります。

これに大学への進学費用を考えるとさらにお金がかかります。

大学の授業料:公立55万円、私立90万円
入学金:公立23万円、私立25万円

4年間の合計は、公立243万円、私立385万円

子どもが生まれてから大学を卒業するまでかかる費用は1,000万円~2,000万円程度かかります。それらに加え、生活費や習い事などがかかります。

必要な授業料には波がありますが、2,000万円で考えると23年間を月々にならすと約6~7万円/月かかります。

子どもが2、3人になれば、単純にかかる金額も2、3倍になります。

この金額を聞いてたいしたことないと思った方は、裕福です。。。

私は貧乏人なので、ちょっと高いなと思いましたが、それと同時に6~7万円ぐらいなら毎月ギリギリ貯められる金額?かなって思いました。

パワーカップルであれば、1人当たり3万円程度。これなら現実的かも!!

実際には、年齢が上がれば、給料もそれなりに上がりますので、少しはゆとりが生まれるかもしれません!!

2,000万円の教育費どうすればいい?

本業だけでは厳しいという方はぜひ副業に挑戦することをおすすめします!!若いうちから挑戦した方が断然いいです。若さは武器になります!少しの無理でも若ければどうにかなります(笑)

バイト、ユーチューバー、アフィリエイト、転売など、世の中には様々な副業がありますが、1つ言えることはどれも大変です。

成功する人は必ず努力しています。努力していない成功者はいません。

リスクを取りたくない方にはアフィリエイトがおすすめです。

アフィリエイトは初期投資が安く、月々1,000円程度あればできます!!ただし、めちゃんこ大変です。大変ですが、その分リターンも大きいです。まずは、レンタルサーバーを契約して自分だけのサイトを作成しましょう!!

このサイトもXserverを利用しています。サクサク動くのでおすすめです!