子どもに習い事をさせていると必ずと言っていいほどぶつかるのが、子どもが行くのを嫌がる、ということではないでしょうか。子どもは何か理由があるから行きたくないもの。楽しくて満足いくものであれば、毎日でも行きます。好きなことには全力で取り組むのが子どもです。しっかりと行きたくないと言う原因分析をすることが大切。習い事をやめる場合は、空いた時間をどのように使うのかをしっかり考えましょう。

習い事をする意味を考える

そもそも、習い事などする必要が本当にあるのでしょうか。今一度考えてみてください。

周りのみんなが行っているから私も行かせないといけない、と勝手に思い込んでいるのではないでしょうか。実際、多くの家庭では、スイミングやピアノといった将来役に立ちそうな習い事に通っている人が多くいます。

本当にスイミングが必要ですか?本当にピアノが必要ですか?

私が思うに、習い事をする本当の意味は、学校では学ぶことができない多くのことを経験するできるところに価値があります。嫌ならきっぱりやめて他の習い事に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

正直な話、将来に役に立つ習い事であれば、小学校高学年からで十分間に合います。とにかく、多くの経験をすることが大切だと思っています。

子どもがやめたいと言った理由を考える

いくつか考えられる理由をまとめてみました。すべてではないですが、何かしらに当てはまるかもしれませんので、参考にしてみてください。

成果が出ない、上達しない

大人も同じですが、子どももやっぱりできないと悔しくて時には嫌になるものです。周りと比べてなかなか上達しないと周りと比べてしまうと辛いですよね。また、発表会などでちゃんとできなかった時なども嫌になりがちです。

先生と子どもの相性が合わない

子どもが言いがちな、先生が嫌だという問題。練習現場を直接見ることのできないママとしては実際どうなのかが分からず難しいですよね。ただ、褒めて伸ばすタイプか、厳しく指導するタイプかというのは教室やクラスの方針にもよります。我が子にあった先生、教室なのかの見極めは大切かもしれません。

興味がない・やりたくない

こちらも意外とあるあるな悩みです。物心つく前の幼い時から始めた習い事だとなおさら、やりたいと思ってなかった、無理やりやらされたと言いがちになります。

子ども同士の人間関係

一緒に習っている子との人間関係は小学生低学年くらいになると出てきやすい問題です。サッカーや野球は仲間との連携が必要なので、メンバーのと関係はとても重要になります。また、楽しく通っていたのに、友だちとトラブルになったり、自分だけ友達がいないと心細くなったりする気持ちも分かります。友達との関係を修復するのもいいですが、逃げることも大切です。ただし、なぜ人間関係がうまくいかなくなったのかをしっかり考える必要がありますね。

習い事をやめて何をするか考える

様々な原因があるとは思いますが、その問題を1つ1つ解決していくのが親の役目です。この場合は、どのように対処すべきなのか、どうすればいいのか、をしっかり考えていくことで、今後同じ問題に直面した場合に、自分で解決できるように教育してあげましょう。

習い事をやめる場合は、必ず、空いた時間をどう利用したいのかをしっかりと話しておきましょう。習い事が多すぎて忙しいのであれば、休憩する、休むなども方法の1つです。その日は必ず早く寝るなどのルールを決めておきましょう。

また、ほかの習い事に挑戦してみるのでもいいですし、学校の宿題をするのでもいいでしょう。しっかりと時間管理ができるようにルールを決めておくことがいいかもしれません。

ぜひ、色々な習い事に挑戦して、たくさんの経験をさせてあげてください。