育児は大変です。普段やらないことが毎日やることになり、何をしたらいいのかもわからない日々。

ミルクを作るだけでも一苦労です。赤ちゃんが泣いたと思えば、お湯を沸かして、お湯を冷まして、どの間も赤ちゃんは泣きじゃくる始末。

人肌の温度まで冷まさないといけないのに時間がかかるし。それ以外にもやることは盛りだくさんです。

まずは、粉ミルクの手順を確認する

粉ミルクの安全な作り方と保存方法や取り扱いに関するガイドラインが厚生労働省から出ているので、こちらを引用いたします。

1. 粉ミルクを調乳する器具の表面を洗浄し滅菌する。
2.石鹸と清浄な水で手指を洗い、清潔な布か使い捨てのナプキンを用いて水分を拭き取る。
3.十分な量の安全な水を沸騰させる。自動湯沸かし器(電気ポット)を使用している場合は、スイッチが切れるまで待つ。
4. 火傷に気をつけて、70°C 以上にまで冷却した適量の沸騰させた水を、清潔で滅菌済みのコップ あるいは哺乳ビンに注ぐ。70℃以上を保つために、湯は沸騰させた後 30 分以上放置しない。
5. 表示された量を正確に量って加える。
6.調乳後直ちに、水道の流水の下に置くか、冷水または氷水の入った容器に静置することにより、授乳に適した温度まで短時間で冷却する。
7. 清潔な布または使い捨ての布によって、哺乳ビン又は哺乳カップの外側にある水分を拭き取る。
8. 非常に高温の湯が調乳に使用されるため、乳児の口に火傷を負わさないよう、授乳する前に授乳 温度を確認することが不可欠である。
9. 調乳後 2 時間以内に消費されなかった粉ミルクは、全て廃棄すること。

出展:乳児用調製粉乳の安全な調乳、 保存及び取扱いに関するガイドライン

ここで気を付けなければならないのが、温度管理ですね。

ポイントは2つ

・粉ミルクを溶かす温度
・授乳時のミルクの温度

粉ミルクを溶かす温度

70℃以上で粉ミルクを溶かすようとなされています。

その理由は、水道水には大人にとっては問題なくても、子どもにとっては問題となる細菌が多くいます。例えば、サカザキ菌やサルモネラ菌は乳児に重篤な症状を与える恐れがあるため、必ず70℃以上のお湯で煮沸する必要があります。一方で、50℃のお湯では、かえって菌を増殖させてしまう事となると考えられるため、リスクが増大するとのことなので、絶対に避けるべきです。

70℃以上であれば、100℃や95℃でも問題ないのか。という疑問がわいてくるかと思いますが、結論から言うと問題ありません。

ただし、95℃や100℃以上のお湯で溶かすと人肌の温度まで冷ますのに時間がかかります。

そこでおすすめなのが、湯冷しの代わりとして利用できる「赤ちゃんの水」です。湯冷しの代わりとして利用する場合は、赤ちゃんの水は沸騰させる必要がないのでおすすめです。

また、常温で開けたらそのまま飲めるタイプのミルクもあります。

赤ちゃんが泣いているときに素早くミルクをあげることができるのはいいですね。

授乳時のミルクの温度

授乳時のミルクの温度は人肌よりやや暖かいくらいの40℃が適切です。

ミルクの温度は腕の内側に落とすなどして、やや熱く感じる程度(40℃ぐらい)が適当です。

哺乳瓶ですが、プラスチック製もありますが、ガラス製の方がいいです。哺乳瓶を持った時に温度が伝わりやすく、温度管理もしやすいのが特徴的です。

こちらの哺乳瓶はAmazonランキングで1位を獲得している商品です。

乳首のサイズは飲み方や成長に合わせて5タイプから選べるのも特徴です。

●SS(丸穴) 0ヵ月~  (飲む目安:50mlなら約10分)※生後すぐの赤ちゃんにおすすめです。
●Sサイズ(丸穴) 1ヵ月頃~ (飲む目安:100mlなら約10分)
●Mサイズ(スリーカット) 3ヵ月頃~ (飲む目安:150mlなら約10分)
●Lサイズ(スリーカット) 6ヵ月頃~ (飲む目安:200mlなら約10分)
●LLサイズ(スリーカット)9ヵ月以上 (飲む目安:200mlなら約5分)

60年以上研究に研究を重ねて作られたこちらの商品は、授乳時の赤ちゃんの口の動きをそのまま再現できるように飲みやすい設計になっています。また、赤ちゃんの唇の吸盤機能を最大限活かし、同じような動きを再現しているので、おすすめです。